第39回戴帽式

平成28年11月5日(土)開催


■■□□第1部□□■■

戴帽生入場
「戴帽の儀」

一人一人名前を呼ばれて大きな声で返事をしてきれいな礼を見せてくれました。
受け取った白帽は、大きく白く輝き、立派な姿を会場の皆さんに披露することができました。
親火入場
筒井先生が持った火よりナイチンゲールの火が灯りました。
誓いの言葉 灯の誓い
戴帽生皆で考えた言葉を、一つ一つ大切に誓いました。
「看護の道を選んでくれた戴帽生がんばれ!!」
私達、39回生88名は、頭上に輝く白帽を頂き 看護師という夢に一歩近づきました これまで、たくさんの壁にぶつかり、協力することや 計画性の大切さを学びました 人の生命を預かることの責任の大きさに、不安になることもありました その時に、支えてくれたのは、同じ夢を持つ仲間 私達の一番の理解者であり、いつも応援してくれる家族 そして、ここまで私達に手を差し伸べて下さった先生方 たくさんの方々への感謝の気持ちや、努力する姿勢を忘れず 「ありがとう」の一言をいただけるように 看護師への道を歩み続けることを、この白帽に誓います
キャンドル退場
■■□□第2部□□■■
学校長式辞 祝辞,祝電・祝詞披露

 鹿児島県看護協会会長様、水俣総合医療センター看護部長様,PTA会長様からお祝いの言葉をいただきました。
 また,奨学病院,実習先で日頃からお世話になっている病院などから多数の祝電・祝詞をいただきました。
お祝いの言葉
(専門課程2年梶丸 瑞希 さん)

花束贈呈
お礼の言葉(戴帽生代表 諌山 晃太 さん)




「戴帽式を挙行していたただきありがとうございました。」
「緊張と不安で一杯ですが、看護師の夢に向かってがんばります。」


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


また在校生代表として基礎課程1年生,3年生,専門課程1年生も出席しました。



戻る

基礎課程1年1組 基礎課程1年2組
基礎課程3年1組 基礎課程3年2組
専門課程1年1組 専門課程1年2組