記事検索:  

看護師国家試験・介護福祉士国家試験の結果 [2017年03月28日 15時17分37秒]
  第106回看護師国家試験の合格発表は平成28年3月27日(月),第29回介護福祉士国家試験の合格発表は平成28年3月28日(火)にありました。本校の結果は,次のとおりでした。

【看護師国家試験】
  合格率98.7%(78人中77人合格)(全国平均88.5%)

 不合格の1名は,「准看護師」の資格を有しています。「准看護師試験」には全員が合格をしています。

【介護福祉士国家試験】
  合格率84.6%(26人中22人合格)(全国平均72.1%)

 不合格の4名は,「介護職員初任者研修」・「介護福祉士実務者研修」の両修了証書を所持していますので資格を有しています。


 残念ながら看護師・介護福祉士ともに全員合格とはなりませんでしたが,受験生の皆さんは,国家試験の全員合格を合い言葉によく頑張りました。
 受験に応援頂いた皆様,ありがとうございました。心からお礼を申し上げます。

平成28年度大学合格実績(3月30日現在) [2017年03月30日 12時16分18秒]
 
 平成28年度の本校の大学入試の結果は,国公立大学31名,私立大学84名,公立短期大学は2名,私立短期大は2名の合格者になりました。合計119名でした。

 ★特進課程国公立大学現役合格 志望者36名中26名合格(72.2%)

 ★教養課程国公立大学現役合格 1名

国公立大学・準大学



私立大学



公立短期大学




私立短期大学





専門課程2年 106回看護師国家試験 出発式 [2017年02月16日 08時43分13秒]
 

 専門課程2年生は,2月17日(金)に鹿児島県准看護師資格試験、2月19日(日)に106回看護師国家試験が南近代ビルで行われます。そのため、本日2月16日6限目に出発式を行いました。出発式には、専門課程2年生78名全員が「合格」のハチマキを巻き、緊張感のある希望にあふれた表情で式に挑みました。

 まず木山校長先生からの激励の言葉の中で「この5年間,一つの目標に向けてよく努力してきました。今まで行ってきたことに自信と誇りを持って挑戦してきてください。」とありがたいお言葉をいただきました。また、野村事務局長先生からは生徒が歩んできた5年間の道のりや試験を受けるときの姿勢などのありがたいお言葉をいただきました。

 看護学科主任 筒井先生からは「試験で迷ったときは、先生方の顔を思い出してみよう」と生徒にとっても支えとなる言葉だったと思います。そしておまじないとして『あせらず・あわてず・あきらめず』を全員で唱和し、生徒たちの心の安らぎにもなったと思います。

 また、先生方からの言葉を聞き、受験生の目にも涙が浮かんでいました。そしてお礼の言葉では、内田省吾君と西橋彩さんから「今日、この出発式に至るまで、多くの先生、先輩、後輩、仲間、そして家族に支えられてきました。そのことを改めて、深く感謝いたします。いろんな方々からの気持ちも背負って、最後の一問まで、決して気を緩めず、真剣に取り組んできます」と元気な様子で誓いを述べていました。

医療福祉科3年 介護福祉士国家試験出発式 [2017年01月28日 15時39分22秒]
 
学校長激励の言葉受験生決意の言葉の様子2年生から励ましのあいさつ 贈り物贈呈


 医療福祉科3年生は,来る1月29日(日)に第29回介護福祉士国家試験(会場:鹿児島城西高校)を受験します。試験に先立ち,1月27日(金)7限目に,出発式を行いました。会順は,以下の通り。
 1 開会の挨拶
 2 学校長激励の言葉
 3 受験生代表のあいさつ
 4 3年生決意の言葉
 5 1・2年生からの品物贈呈
 6 2年生代表挨拶
 7 諸先生方から激励の言葉
 8 閉会の挨拶
 
 始めに学校長から,「3年前に大きな志と夢を持って本校に入学し,これまで一生懸命国家試験に向けて努力を重ねてきました。みなさんは,間違いなく成功者です。自信を持って国家試験に挑戦来てほしい」と激励がありました。 

 続いて,3年生代表 亀田瑞穗さんから,「これまで,指導して頂いたたくさんの先生方への感謝の気持ちと,共に支え合った友との約束を胸に,受験生全員全力を尽くします」と力強く決意を述べてくれました。その後,受験生一人一人が国試に対する思いを述べました。

 2年生の大久保愛祐さんは,「先輩達が毎日国試対策に努力されている姿を横で見ていました。応援しています。一所懸命頑張ってください。私たちも先輩達を見習ってこれからも勉強に励みます」と応援メッセージを送りました。

 先生方を代表して,松永教諭が「みなさん,ここまでよく頑張ってきました。お世話になった方々への恩返しができるよう,また一緒に受験できなかった人の分まで頑張ってください。自信を持って試験に臨んできてください。」と激励されました。また,岩下教諭は「いろんなことがありましたがこれまでよく頑張ってきました。自分の力を信じて最後まで諦めずに全力を出してきてください。」と励ましの言葉を述べられました。

 最後は,1・2年生がアーチを作って,受験生を見送くりました。

大学入試センタ−試験出発式 [2017年01月14日 08時01分25秒]
  1月13日(金)3限目に,本校の大学入試センタ−試験を受験する特進課程3年生40名,教養課程3年生3名の計43名の,センター試験出発式を行いました。

 出発式で学校長は,「自分がしてきた沢山の努力を思い返してください。そして,自信を持って受験に臨んでほしい。緊張は努力の裏付けに他ならない。自分への期待やできる可能性があるから感じられるもので,準備をしてきた人だけが味わえるのです。プラス思考で頑張ってください。また,想定外のことに直面しても慌てずに冷静に対応してください」などと激励のことばを述べられました。

 その後,引率責任者の宅間弘太郎教諭から受験上の注意や今後の行程などについて説明がなされ,生徒達は真剣に最終チェックを行っていました。

 午後12時50分,多くの先生方・生徒の皆さんの見送りをうけて,元気良く予定通り学校の駐車場を出発して行きました。

 受験生達は,今年一番の寒波にも負けず体調を整えて,これまで培った学力を十二分に発揮してくれるものと思います。受験生全員の健闘を祈ります。
▼過去の記事も見る▼