記事検索:  

野球部 春季北薩高校野球大会 準優勝 [2018年06月18日 09時43分53秒]
  6月7日(木)から15日(金)の日程で開催された春季北薩高等学校野球大会は,出水市総合運動公園野球場を舞台に10チームのトーナメントで行われ,本校野球部は惜しくも準優勝でした。

 戦績は,以下の通り

[一回戦] 本校6 − 1出水商業高校

[準決勝] 本校5 − 4川内商工高校

[決 勝] 本校1 − 5れいめい高校

 準決勝では,次の夏の大会(全国高校野球選手権鹿児島大会)をにらみながら,選手の起用を考えて辛勝しましたが,決勝戦ではそれが恨めとなって敗退しました。

 今週土曜日には,夏の大会の抽選会があります。選手達は,その大会で更に良い結果を出せるよう練習に励んでいます。どうぞ応援よろしくお願いします。

野球部 九州地区高等学校野球大会3回戦へ [2018年03月26日 17時11分30秒]
  本校野球部は,24日(土)薩摩中央高校戦に勝利し3回戦へ駒を進めました。

 試合は,初回に幸先良く得点すると3回には大量4点をあげ,攻撃の手を緩めることなく7回の裏に更に得点を重ね7回コールド勝ちをおさめました。投げては相手打線を1点に押さえ,投打がうまくかみ合った試合はこびとなりました。

 3回戦は,川内高校との対戦となります。みなさまの応援よろしくお願い致します。

[試合結果(予定)]

 1回戦:3月22日(木) 9:00〜姶良市総合運動公園野球場(本校7 − 0伊集院高校)

 2回戦:3月24日(土)11:20〜鹿児島市鴨池公園野球場(本校8 − 1薩摩中央高校)

 3回戦:3月28日(水)13:40〜姶良市総合運動公園野球場(本校 − 川内高校)

野球部 九州地区高校野球県予選大会始まる [2018年03月23日 09時33分49秒]
  第142回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選大会は,雨で順延のため22日(木)から開催されています。本校野球部は,1回戦,順調な滑り出しで2回戦へと駒を進めました。

 1回戦の相手校は伊集院高校でした。攻撃では,ピッチャーで4番の藤崎君(普通課程2年生)が5回の裏にホームランを放つなど得点を重ね,守りでは,藤崎・藤本君(普通課程2年生)のバッテリーが相手打線を完封し,8回コールドで勝利を納めました。次の対戦相手校は薩摩中央高校です。

 みなさまの応援よろしくお願い致します。

[試合結果(予定)]

 1回戦:3月22日(木) 9:00〜姶良市総合運動公園野球場(本校7 − 0伊集院高校)

 2回戦:3月24日(土)11:20〜鹿児島市鴨池公園野球場(本校 − 薩摩中央高校)

野球部,九州高校野球鹿児島県予選,3月21日(水)の1回戦から [2018年03月06日 09時32分10秒]
  第142回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選組み合わせ抽選会が,3月4日(日)鹿児島市の鶴丸高校で行われ,県下76校67チームの対戦相手が決まりました。3月21日(水)に開幕し,決勝は4月4日(水)の予定です。本校野球部は,3月21日(水)の開幕戦に出場します。

 この大会の上位2校は4月21〜26日に福岡県である九州大会に県代表として出場することになっています。

 本校の4回戦までの日程(予定)は,以下のようになります。

 1回戦:3月21日(水) 9:00〜姶良市総合運動公園野球場(本校 − 伊集院高校)
 2回戦:3月23日(金)11:20〜鹿児島市鴨池公園野球場(本校が1回戦に勝った場合)(本校 − 薩摩中央高校)
 3回戦:3月27日(火)13:40〜姶良市総合運動公園野球場(本校が2回戦に勝った場合)
 4回戦:3月30日(金)12:30〜鹿児島市鴨池公園野球場(本校が3回戦に勝った場合)
  
 みなさまの応援よろしくお願い致します。

野球部 乗用草刈り機を受贈 [2017年12月13日 12時10分42秒]
 
 このたび本校野球部に乗用の草刈り機が寄贈されました。贈呈者は,出水市内在住の会社経営をされている高橋郁郎様でした。

 高橋様は,かねてより本校同窓会の椎木会長と親交があり,自宅で使わなくなった草刈り機の処分の話をされたところ,会長が野球部寄贈を提案されたことをきっかけに,今回の運びとなりました。

 本校野球部のグランドは,一万二千平方メートル以上の広大な敷地で,グランド内の除草作業は一年を通して定期的に行われています。
 機械をいただいた野球部員たちは,ほぼ新品同様の状態で性能・操作性が優れていることに大喜びでした。
 主将の市耒拳君(普通課程2年)は,「この機械を使って,練習同様グランド整備にも精を出します。大切に使います」と感謝の気持ちをあらわにしていました。

 本校では,高橋様のご厚志にたいして,ささやかな気持ちとして感謝状を贈りました。高橋様,本当にありがとうございました。
▼過去の記事も見る▼