記事検索:  

専門課程1年 実習開始式 [2020年02月18日 15時41分10秒]
 2月10日から3月19日まで行われる臨地実習に向け,2月7日に実習開始式が行われました。校長先生からの話では「より専門性を持った日々の学習亢進が大切である。座学は基礎知識として大切であるが,実習の現場は貴重な体験をする何よりも大切な時間である。多くの経験を積み重ねることで自分のスキルを磨き,夢描く理想の看護師に1歩近づけるように頑張って欲しい」と激励の言葉を頂きました。生徒代表者2名より「各領域の学びを深め,専門職として多くのことを習得できるように頑張って行きたい。また40回生の元気と明るさで患者様を笑顔にしたい」と誓いの言葉を述べました。今まで学んだ学習を踏まえ,それぞれが患者様に寄り添える援助を目指し取り組んで欲しいと思います。病院実習に関わる関係者の皆様,大変お世話になりますがよろしくお願いいたします。

専門課程1年 ハワイ研修便りB [2019年12月16日 11時57分21秒]
 パールハーバーで集合写真を撮影しました!

専門課程1年 ハワイ研修便りA [2019年12月16日 11時56分11秒]
 現地での病院研修を終えました。それぞれ学びを深めたようです。

専門課程2年 普通救命・災害看護講習会 [2019年12月16日 09時37分43秒]
12月5日(木)に,出水市消防署から8名の救急隊員と消防隊員をお招きし「普通救命講習・災害講習」を行いました。午前中は体育館を用いて救命に関する実技演習,午後からは災害時における対応としてトリアージの使い方や実際にトリアージを行い学びを深めました。来年度からは,医療従事者として勤務するということをしっかり念頭に置き,学習ができたと思います。
普段は,座学でしか学べないことを実際に触れて体験することでより現場に近づき,緊張感を実感することができていました。心肺蘇生法では,解剖生理学で学んだ心臓の位置や胸の解剖などを思い出しながら,根拠を考え実施していた様子でした。生徒からも「実際にその場に遭遇するかもしれないということを考えながら生活したい」という感想が聞かれました。
トリアージの使い方では,ドラマなどでは実際に見たりすることがあるものですが,初めて手に取り,情報を書いていく中で,緊迫した状況の中で,正確な情報を書かなければいけないという責任感や必要な情報を読み取る大切さを感じました。日本は災害国でありまた,身近なところでもいつ緊急の場面が訪れるかわかりません。実際に演習を行い,ポイントも教えてもらいました。一人の看護師として正確なトリアージができるように勉強して欲しいです。
今回,出水市消防署の方々には大変お世話になりました。1日ご指導ありがとうございました。

専門課程1年 ハワイ研修便り@ [2019年12月13日 12時06分25秒]
 ハワイ研修の生徒たちは,無事に到着しハワイの大自然に触れ,それぞれの研修を楽しんでいるようです。