記事検索:  

教養課程1・2年 大学出前講義を開催 [2018年11月22日 16時02分26秒]
  教養課程では,1・2年生を対象に大学出前講義を毎年開催しています。
  この行事は,大学の講義を体験し,学問の深さや楽しさを知るとともに,進学への意識を高めることを目的としています。
 今年度は, 11月14日に東海大学農学部から 永井 竜児 教授をお招きし,「食事と健康の深い関係」と題して講義をしていただきました。
  また,翌週の21日,熊本学園大学経済学部から 坂上 智哉 教授にお越しいただき,「恋愛の経済学」と題し,講義をしていただきました。
 お二人の先生の講義を聴いた生徒たちは,農学や経済学に対するイメージを大きく覆され,興味を引き出された様子でした。

教養課程11月科朝礼を実施〜“個”の育成が“集団”の育成に [2018年11月20日 18時56分17秒]
 10月16日(金),教養課程の科朝礼を行いました。
 この日は 武田 弘毅 教諭(2年副担任/国語)による講話でした。
 サッカーや駅伝など全国を懸けた先日の県大会で,本校は残念ながらあと一歩及ばぬ結果で終わってしまいました。このことを振り返り,プロサッカー選手である 本田 圭祐 選手の「個力を高め,チーム力を高める」リーダーシップの考えを紹介しました。
 授業など普段の生活の中で“個”の力を上げようとしているかを尋ね,人間性が高まらなければ専門性も高まらないことを伝えました。そして「勉強は今まで(経験や研究を)積み上げてきた人々との“対話”である」「物事を考える力は多方面で育てる必要がある」と畳みかけるように訴えました。
 最後に,多くの指導者が「知的好奇心の高い人は(知識や技術の)飲み込みが速く,かつ工夫しようとする」という考えを持っていることを生徒へ紹介し,「“個”が小さければ“集団”も小さい。しっかりと“個”を育成していこう!』と力強いメッセージを送りました。
 今回の講話を機に,“個”である一人一人が意識を変えて“集団”として大きくなることができれば,今年の悔しさをきっと晴らせるはずです。

教養課程10月科朝礼を実施〜情報モラルを身につけよう [2018年10月23日 15時54分54秒]
  10月19日(金),教養課程の科朝礼を行いました。
 この日は 今村 慎吾 教諭(1年担任/数学・情報)による,情報モラルに関する講話でした。
 まず,女子高生によるインスタグラムを用いたいじめの実態を,ウェブ上の記事を用いて紹介しました。
 そして,東京都教育委員会が作成した「SNS東京ノート」を用い,「どの画像をウェブ上に公開すると問題か」「グループLINEと個人に対するLINEをしっかりと使い分けているか」など,次々と生徒へ問いかけました。特にグループLINEは当事者のみならず他のメンバーも捉え方によって不愉快に思う可能性を訴えました。
 さらに,グループLINEによる嫌がらせを再現した動画も再生したところ,生徒たちは「さすがにやりすぎだ…」と言わんばかりの表情を浮かべていました。
  私たちは,スマートフォンを用いて簡単に他者とつながりを持つことができ,簡単に情報を発信することができます。それがゆえに,被害を受けやすく他者を傷つけやすいことも事実です。自分の行動がどう影響しそうか「想像力」を常に持って情報社会の中で生きることが大切であると伝え,講話を終えました。

教養課程3年 入試に向けた模擬面接を実施 [2018年10月23日 15時52分37秒]
  教養課程では,1学期と2学期に1回ずつ,3年生を対象にした模擬面接を実施しています。
 これは,大学をはじめ,各入試で推薦・AO入試を利用する生徒が多い実態を踏まえた上での対策で,さらに入試のみならず普段の生活でも実践できるようにすることを目的としたものです。
 2回とも外部講師をお招きし,緊張感のある中で模擬面接に挑戦しました。
 1学期は集団面接を想定した対策を【=写真】,2学期は個人面接を想定した対策を行いましたが,夏休みに想定質問を考えてきた成果が表れ,大きく改善できた生徒が多かったようです。
 これまで学んできたことを堂々とアピールできる面接にし,合格を勝ち獲ってきてほしいと思います。

教育実習生研究授業(教養課程3年・生物) [2018年10月23日 12時34分21秒]
  6月15日,教育実習生の 長 瑞季 先生による研究授業(生物)が行われました。
授業は教養課程3年の生物選択者を対象とし,「呼吸と発酵」の単元が扱われました。
 生活の中にある発酵という反応について,身近な例を取り上げて説明したり,発酵についての漫画を紹介したりと,生徒の興味を引く工夫を凝らした授業でした。
 生徒達も積極的に発言をし,活気のあるよい研究授業でした。