記事検索:  

「教養課程6月合同LHR」 〜対面式 [2020年07月06日 11時15分14秒]
 6月29日(土)1限目,LHRの時間を利用して,教養課程3学年合同の対面式を行いました。
 はじめに2・3年生の学級委員長より1年生へ向けて教養課程の紹介および歓迎の言葉をもらいました。その後の1年生代表挨拶では,学級委員長から「慣れないこともありますが,クラス全員で協力し合って学校生活を送りたい」との意思表示がありました。
 最後に,上級生による職員紹介では,個性あふれる内容に笑いが絶えない時間となりました。
 新型コロナウイルス感染症の影響により,例年より約2か月遅れの学校再開となりましたが,生徒たちは発熱等もなく元気に登校できています。現在は,1日でも早い終息を願いながら,勉強や部活に全力で取り組んでいるところです。3学年協力し合い,頑張っていきましょう!

教養課程科朝礼 [2019年06月22日 09時51分04秒]
6月21日金曜日,教養課程の科朝礼が行われました。今回の担当教諭は,本校サッカー部の顧問である近野先生でした。
これから100歳近くまで生きていくために,高校生活ですべきことをしっかり考えて生きているか。目標や夢を持っているか。日々行動し,目標や夢に近づいているという実感はあるか。自分の大切な一度きりの人生を,自分自身でプロデュースしていこうという感覚を持っているか。
近野先生の熱い語りを真剣に聞く生徒の表情が印象的でした。生徒は自分自身を振り返る良い機会となったようです。

教養課程対面式 [2019年04月12日 09時07分45秒]
4月10日(水),普通科教養課程の対面式が行われました。新1年生にとって先輩たちとの初顔合わせになります。最初は緊張していたようですが,先輩たちがつくる和やかな雰囲気に,少しずつ溶け込み,最後は多くの1年生にも笑顔が見られました。
これからの高校生活では楽しいことや嬉しいこと,そして……もしかしたら辛いこともあるかもしれません。どんなことがあってもこのメンバーで明るく協力し合い,そして初心を忘れずに充実した高校生活を送ってほしいと思います。

職業理解ガイダンスを実施(普通課程・教養課程1年) [2019年03月06日 15時18分50秒]
  3月6日の5〜6限目に,普通課程と教養課程の1年生を対象にした職業理解ガイダンスを開催しました。
  このガイダンスは,「様々な職業について広く知り,さらに興味・関心のある職業分野の話を聞いて理解を深め,具体的に今後の進路について考える」ことを目的としています。
  事前に調査した希望をもとに割り振った職業分野に分かれて,各上級学校の先生方に講話や体験講座を開いていただきました。
  現在は進路目標がまだ明確でない1年生も多いようですが,今回のガイダンスを機に,多くの職業を理解しながら自分の学びたい学問や就職先を探してほしいと思います。


教養課程2月科朝礼を実施〜卒業を控えた3年生から学ぶ [2019年02月02日 14時09分04秒]
2月1日,自宅学習期間前の3年生が登校する最後の日に,教養課程の科朝礼を実施しました。
 そこで,今回は,受験を直前に控えた1名と進路決定をした2名の3年生に,下級生に対してメッセージを送ってもらいました。

<医療系の私立大学をこれから受験する男子生徒(吹奏楽部)>
 既に専門学校には合格しているが,大学進学を諦めきれずに受験を決意した。他のクラスメートが全員進路決定をしている中,現在自分だけが受験勉強をしている。国語と生物を受験し,過去問演習など,毎日個別指導を受けながら学習している。

<私立・福岡大学に推薦入試で合格した女子生徒(吹奏楽部)>
 国公立大を志望したり音楽大を志望したりとフラフラする時期もあったが,そんな時こそ勉強はしておいた方がよい。進路決定の際に「学力」で諦めるのはもったいない。大事なことは「授業を大切にする」ことと「単語を覚える」こと。部活動で忙しく家や寮で勉強しない人こそ授業を大切に。(試験科目に英語があったが)英検対策で出てきた単語や熟語が多く出題され,合格に結びついた。
 それと,独りで悩みを抱え込まないこと。他の人と話すことにより,色々な考えが浮かぶことも多い。

<公立・名桜大学に推薦入試で合格した男子生徒(サッカー部)>
 沖縄の観光産業に貢献したいという思いから志望した。AO入試では合格できなかったが,その後の推薦入試で合格できた。AO入試はプレゼンテーションやグループディスカッションがある。AO入試は評定などの基準がない分倍率が高い。一方,推薦入試は面接や小論文がある。面接は,面接官が(続けて質問をしたくなるような)疑問を抱くような答え方をした方が自分のペースで進められる。小論文は(11月に実施される試験において)8〜9月の新聞記事から出題されることが多い。

 3人の先輩方から,自身の体験や入試の特徴をリアルにわかりやすく聞くことができました。1・2年生は残された高校生活を後悔がないように,そして1・2年後の進路決定を納得のいく形で実現できるよう,今日から実行に移してほしいと思います。